【ナンピンって何だ、、、!?】解説します!

タツヤでっす!

唐突ですが、ナンピンって言葉をご存知ですか?

僕は正直2年前まで麻雀用語か何かかと思ってましたw

 

今回はトレードの周辺知識編ということで、「ナンピン」について解説します。

たくさんの記事がありますので、僕の記事である必要は全くないのですが、自分なりの考え方も書き添えております。

ブログはアウトプットにも最適w

【タツヤのプロフィール】

北海道生まれ北海道育ち、現在は札幌市にて家族とのんびり幸せに暮らしています。

中国の武漢で新型コロナウイルスの感染が始まった2019年末にタイミング悪く辞表を提出し、14年勤めた会社をそのまま退職。(前職:製薬会社営業職)

僕がトレードの世界を初めて知ったのは「EA(FX自動売買システム)」でしたが、ほぼ放置で稼働を続けた結果、最終的には300万円もの資金を失う結果となりました。

ツール代なども合わせれば400万円を超えます。

完全に縁を切ることも考えましたが、このタイミングで偶然友人から誘いを受けたのがこのIMアカデミーです。

じっくりと学びを進め、6ヶ月が経過した頃にはバイナリーオプションで裁量トレードを行える程に成長しました。

この頃、試しにEAの稼働を再開してみたところ、面白いように為替相場の動きが理解できている自分がいました。

まさに「見える景色」が変わっていたんです。

 

今では小さいながらも組織を持ち、日々仲間たちとトレードのレベルアップに勤しんでいます。

自分が稼げるのは当たり前。

関わってくれた仲間に稼いでもらうのが僕のライフワークです😁

「ナンピン」の語源

「ナンピン」という言葉の歴史は古く、どうやら江戸時代にはすでに使われていたようです。

当時、ナンピンにはあまり良い意味がなく、「愚か者」というイメージで使われていたようです。

「難を平らにする」という意味であり、FXや株売買での損を平均化することを指しています。

漢字で書くとそのまま「難平」になります。

英語では「Average Down」といい、「平均を下げる」という意味になるそうです。

こっちの方がカッコ良い気がしません??w

どんな時に「ナンピン」するの?

トレードをしていく中で手法は色々とありますね。

例えば、バイナリーオプショントレードで1,000円トレードをして負けてしまった場合、次は2,000円トレードをして勝てば合計で1,000円の利益を出すことができます(ペイアウト2.0倍の場合)。

 

負けを小さくするための手法の一つです。

「ナンピン」の具体例

ナンピンは、損失を平均化することで利益を得やすくすることを目的とします。

 

FXの場合でも同じような考え方です。

保有したポジションに対し、思っていた方向と逆に相場が動いたとき、さらにポジションを取ることで平均コストを下げる方法が「ナンピン」です。

平均コストを下げ、有利に取引を進めて利益を取ろうという方法ですが、

具体例をあげると、1ドル=100円の相場で買いポジションを1ポジション保有したとします。

しかし、予想に反して1ドル=98円まで下がったとき、もう1ポジションを新たに保有します。そうすると、2つのポジションを「1ドル=99円」で保有したことになります。

相場が99円まで戻れば損失は消え、99円を超えれば利益を得られるようになる、というメリットがあります。

 

「お?これ良い!」と思いますよね。

パッと見は効率の良い手法の様に見えます。

”逆行した相場が思った方向に戻ることを想定”してナンピンしますが、さらに逆行すると傷口が広がってしまうこともあります。

その為、当初想定より大きな損失が発生する恐れがあるのです。

予想外の方向に相場が動いているなか、保有ポジションを増やしていくため、精神的な負担も大きくなります。

そもそも、自分の予想がさらに外れて下降している時点で、そのFXトレードは良い取引ではありません。

一見すると良さそうにも見えるのですが、リスクもつきまとうため安易に始めるべきではない手法であるとも言われます。

その理由について次にご説明致します。

「ナンピン」の難しさ「バイナリーオプション編」

資金管理

なんと言ってもこれですね。

バイナリーオプションにいては、いつか必ず勝つことを前提にナンピンをしますので、下手すると資金全てを失う可能性もあります。

1回目が1,000円エントリーだとして、2回目が2,000、3回目は4,000円、4回目は8,000円、5回目は16,000円、6回目は32,000円、7回目は64,000円、8回目は、、、と言う具合です。

単純に上がるか下がるかを予想するだけなのにそんなに連敗なんてするのか?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

普通にあるんですw

僕は過去にバイナリーオプションの自動売買ソフトを使用したことがありますが、このナンピンを繰り返すシステムでした。

当時は1エントリー5,000円で稼働していましたが、5連敗はザラです。

合計すると155,000円が消えますね。

1,000円トレードに換算すると155敗分を5敗で達成です。

取り返すのに途方もない時間がかかりますねw

もちろん今はやってません。

「ナンピン」の難しさ「FX編」

FXにおいての「ナンピン」という手法は、レンジ相場と言われる「相場が上昇・下降を繰り返す」時に有効とされています。

必ず波が戻ってくると想定しているから取る手法なのです。

多くの場合はその波は戻ってきます。しかし、ここで1点考えなければならないのが、「いつその波が戻ってくるのか?」という点です。

上下を繰り返す相場ですが、年単位で一方方向に動き続ける長期トレンドに入るケースがあります。

このタイミングで「ナンピン」を続けると、利益確定までは長期間継続してポジションを取り続けなければなりません。

「ナンピン」を行う最大のリスクは、「資金の管理の失敗」です。

「ナンピン」の特徴は、「損切りをしない」ことで最終的に利益を得るという点にあります。

含み損が発生するたびに平均取得コストを下げる目的で新しいポジションを取るために資金を投入する必要があります。

新しいポジションが増えることによって、それだけ含み損が大きくなる可能性をが膨らみます。

【例】

2007年以降のドル/円の相場は長期下降トレンドが続きました。

2007年には1ドル=120円を超えていた相場が、2013年ごろまで下降を続けました。

もしタイミング悪く2007年に1ドル=120円のポジションを保有した場合、その後の下げトレンドでナンピンを繰り返していたとしたら、決済可能になるのはなんと2013年以降のことになります。

それは6年間という長期にわたりナンピンをするための資金を投入し続けることになります。

これでは資金効率が良いとは言えません。

万が一、資金に充分な余裕がなければ膨らんだ含み損を損切りせざるを得ない状況となり、それまでに保有していたすべてのポジションでトンデモナイ額の損失が発生します。

スワップポイントによる損失

もう一つは、マイナスのスワップポイント”が溜まってしまうことです。

スワップポイントがマイナスに貯まる方にポジションを持っている場合のリスクですが、毎日少しずつマイナススワップポイントが加算されていきます。

というこ塩漬け期間が長ければ長いほど、どんどんマイナスが膨れ上がってしまいます。

「ナンピンによる含み損+マイナススワップポイント」で口座資金を圧迫してくるので、証拠金維持率が下がるスピードもガンガン加速していきます。

含み損を抱えている間の機会損失

ナンピンによるリスクの3つ目は、ポジションが塩漬けになって長期間の“機会損失”を招いてしまうことです。

どれくらいのロットサイズでエントリーしているかにもよりますが、含み損を抱えているポジションを保有している間は、他のポジションが持ちにくくなります。

資金が潤沢にあれば話は別ですが、多くの場合、ポジションを多く持ってしまうと、決済するまでの期間の投資機会を失ってしまうことにつながります。

ポジションを塩漬けにしている間、チャンスがきてもエントリーできないということです。塩漬け期間は、長ければ数ヶ月、数年になることもあり、上記のようなケースではとてつもない機会損失になってしまいます。

「ナンピン」は悪なの??

「ナンピンは危険」に対する評価は人それぞれですが、計画性のないナンピンはしないのがベストです。

特に「取り返したいからナンピンしよう」といった、その場の勢いや感情だけで行うナンピンは、リスクばかりが大きくなる無謀な手法です。

しかし、目的と計画をしっかりと持ったナンピンであれば、大きな利益を産んでくれる可能性を秘めているのも事実です。

自分なりのルールをきちんと構築し、それに従ってトレードを行うスタイルを貫く必要があると言えます。

僕の基本スタイルは資金管理ルールないの単発トレードです。

トレードに使える余剰資金の3%以内と決めています。

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました!

ナンピン、投資仲間との会話で自然に言葉が出てきた時にとても嬉しかったのを覚えていますw

 

この記事をご覧になっていただいている方はトレードを学び始めた方かな?と思いますが、楽しいトレードライフをスタートする一つのきっかけの一つになったら嬉しいです。

タツヤがお勧めするFXとの付き合い方&稼ぎ方

トレードは奥が深くそして何より楽しいです(^○^)

ただ、やり方を間違えるとまぁまぁイタイ思いをします、、、

 

僕がお勧めするのは、環境が整ったトレードスクールで経験値を積むことです。

強くお勧めするのがコチラのトレードスクール↓

【ココでダメなら諦めろ】“IMアカデミー(アイムマステリーアカデミー)”は超優良案件|実績も公開中
どうも!タツヤです! 唐突ですが、 「IMアカデミー」というトレードスクールはご存知ですか? 実は僕、参加して1年以上が経ちますが、 こんなにすごい環境だとは正直思っていませんでしたw トレード...

参加から1年が経過しましたが、1日1時間程度でサラリーマンの初任給くらいは利益を残せるようになりました。

 

 

僕自身が過去に様々なタイプのトレードを経験してきましたが、ベストな環境と断言できます。

「トレードの経験がない方」「ポートフォリオを増やしたい方」どんな方にもオススメできる環境です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました!

あるトレードスクールとの出会いをきっかけに、脱サラしてスローな時間を過ごすことができる様になった僕のライフスタイルを引き続き公開していきます✋

サラリーマンを辞めた僕がどんなことを考え、何をして収入を得ているのか、今後も情報をアップしていきます♪

 

LINEメンバーさん限定で有益な情報限定プレゼントも配信しているのでぜひ登録しておいてください。

Lineの登録は下記アイコンやプロフィールからも可能です♪

コメント

  1. […] 〜FX周辺知識〜【ナンピンって何だ、、、!?】解説します! シャム シャ… *無限にポジションを取り続けるシステムもありますが、マウンテンEAは最大8ポジションまでとなっている為、比較的ストレスは少なく稼働できるかと思います。 […]

タイトルとURLをコピーしました